歯を保存したくても限界がある。

写真は、下顎第二大臼歯(下の一番奥歯)です。

黒い線がスーと入っているのが確認できると思います。

黒い線は、第二大臼歯の一番奥側にあります。

こういうケース、結構多いのです。

歯ぎしりやクイシバリの強い方に多く見られます。

咬み合わせの力で歯に亀裂が入り亀裂部の歯肉のポケット深くなり歯ぐきが腫れくるというパターンです。

残念ながらこのケースは、保存不能です。

無理やり治療しようと思えば、やれないことはないですが、咬み合わせで一番力が掛かる歯なので、予後は極めて悪いのです。

 

歯を保存するという事は、治療歯を生かして機能させる。

その歯で噛めるようにするということなのです。

また、なぜその歯は悪くなったのかを原因究明とその問題を解決できなければ、治療できたとしてもまた同じことが起こってしまいます。

写真のような「破折のケース」が一番厄介なのです。