歯科の自費治療っていったいなんなのでしょうか?

歯科の自由診療(自費治療)ていったい何だろう?と考えることが時々あります。

「保険治療より見た目がいいから」「セラミックなどの材質が保険の材質よりいいから」

そのように考えておられる患者様も多いのではないでしょうか?

確かにそういう側面もありますが、

もっと大切なのはいかに歯と被せ物のつなぎ目をフィットさせるのか(精密な治療)

周囲の天然歯や歯肉となじみの良いまた清掃しやすい形をつくるか

顎関節や上下の咬み合わせと調和した歯の形態を被せ物に与えるか

など、過酷な環境の口の中で長期的に安定した状態を作り出すことが最も大切なことなのです。

 

もちろん、審美的には色合わせも重要ですが、まずは機能的な面をクリアーさせないと話になりません。

 

しかし、この機能的に調和、安定した物を作るのが時間がかかるのです。

仮歯の段階で、顎の位置の調整や、咬み合わせの調整、仮歯の形が周囲の歯肉と調和するか、

仮歯の中のセメントが破壊されてこないか など多くのテスト項目がありそれをクリアーしないと

本番の被せ物の型は取れません。

そのため、仮歯の調整に回数と時間がかかるのです。

 

当院では自費治療(自由診療)の場合はそのように治療を致します。

せっかく高額な治療費を掛けていただくのですから、私は患者様の治療歯に自分の持っている全技術を注ぎ込み

神経を研ぎ澄ませた治療をするのは当然だと考えます。

そうすることにより長期間、患者様の治療した歯を快適に使って頂くことが可能になると私は考えています。

自費治療を成功させるには患者様と治療する歯科医師の信頼関係がもっとも重要なのではないでしょうか。