実は、ファイバーポストコアは怖い

歯の根の治療をした後に「今日は、歯の土台を立てます」「土台の型取りをします」と言われた経験はないでしょうか?

土台とは、歯の中に入れる心棒のことです。

この土台の上に最終の被せ物が入るわけです。

 

土台は、昔は、金属で作られていたのですが、近年は樹脂で作られることが多くなってきました。

何故かといいますと、金属は、歯より硬いので、咬む力で歯に楔状の力が働き、それが歯を割る力になるのです。

なので、最近は歯と同じぐらいの硬さの樹脂で作られることが多くなってきました。

歯を割る力をできるだけ軽減するためです。

その樹脂の土台は、グラスファイバーの心棒の周りを樹脂で固めて作られます。

私は、このファイバーポストコアを自由診療でも保険治療でもよく使うのですが、難点があります。

それは、もし、歯の根の治療を再度行わなければいけなくなると、その土台を除去しなければなりません。

その除去が非常に難しいのです。

どこまでが歯なのか、樹脂なのかが非常にわかりにくいのです。

下手をすると歯に穴があく危険性もあります。

しかし、幸いなことに私はマイクロスコープを使った治療に慣れておりますので、慎重に治療すれば、ファイバーポストコア

を除去することができます。

ファイバーポストコアを安全に除去するには、マイクロスコープを使って慎重に治療することが、重要なのです。