とにかく保険治療は難しい

歯科の保険治療は、いかに短時間で、無駄なく、そこそこ良い治療に仕上げるか。

それが一番の課題だと私は考えています。

しかし、「そこそこ良い治療」というのは一体何なのか?

という話です。

私が思うに、レントゲン的にも、実際に治療部位を見てもほぼ問題なく、患者様自身でホームケアーできる状態にすることが

目標なのではないかと考えています。

とにかくどの治療も最低限の時間は掛かります。

さらに、患者様への治療前の説明や治療後の説明時間を加算すると、30分ぐらいは掛かってしまいます。

よく患者様が「先生の歯科医院は、予約が取りにくいよね~(笑)」と仰ります。

私は、いつも患者様にすみませんと謝るのですが・・・・

しかし、治療のクオリティーをある程度保たなければ、処置した歯は健康を保つことができないので、

1日に決まった数の患者様しか診察することができないのです。

(もちろん、急患対応はさせて頂いております。)

私の考えとしては、精密な自費治療のポイントを抑えた簡易版治療が保険治療だと思います。

もちろん、簡易版治療である保険治療では、対応できない歯科治療も多いにあるのは事実です。