差し歯の土台には、何がいいの?(ファイバーポストコアとメタルコアの違い)

今回は、差し歯の土台(心棒)の材質について考えてみましょう。

昔は、金属の土台(メタルコア)を使っていましたが、歯質の薄歯に使うと金属の土台が楔効果になって歯が割れたという経験をしたことがよくありました。

しかし、今ではグラスファイバーの心棒の周りを樹脂を固めたファイバーポストコアというものがあります。

ファイバーポストコア(上の最初の写真)は、歯の象牙質と同じくらいの硬さで、想定外の力が歯にかかったときもファイバーポストコアが折れたり、することが多く、歯の破折のリスクを減らすことができます。

歯が割れなければ、再度その歯を使うことができることが利点です。

メタルコア(上の2番目の写真)にしてもファイバーポストコアにしても、フェルール(上の3番目の写真で、歯肉の上の見えている歯質の部分)が1.5mmの高さは欲しいのですが、それはまた別の機会にお話しします。

 

保険診療でもこのファイバーポストコアができます。

私は、よく使いますが・・・・・ 実は、やり直しの治療(再治療)が大変なのです。

例えば、ファイバーポストを入れてかぶせ物をした歯の根の先に膿がたまって、そのファイバーポストを削りとらなければならない場合などです。

マイクロスコープ(顕微鏡)を視ながら、処置しないとファイバーポストの除去は難しいのです。

 

なので、当院のようにマイクロスコープを使いこなす歯科医院でないと保険治療でファイバーポストコアをよく使うことができないかもしれません。