矯正治療の重要性

歯並びが悪い場合に最も優先的に考える治療は何だと思いますか?

それは歯科矯正治療です。

矯正治療であれば、歯並びを改善するのにほとんど歯を削らなくてよいということが一番のメリットです。

しかし治療期間が数年単位になるということ、また治療装置の装着ということがデメリットとなります。

では、「歯を削ってセラミックを被せて歯並びをよくする」という治療方法はどうでしょうか?

治療期間を矯正治療よりも短縮できることや、装置を付けなくてよいということが最大のメリットです。

しかし最大のデメリットてしては、歯を多く削ったり、場合によっては歯の神経をとらないといけないことも

あります。

患者様のニーズや治療期間、費用などによってどちらを選択されるかということになります。


しかし、単に「歯を削ってセラミックを被せて歯並びをよくする」治療だけでは、審美的にも機能的にも

非常に難しい場合もあります。

そのような場合は部分的にでも矯正治療を行わなければならないことがあります。

矯正治療の診断を治療計画に反映させることが、もっとも重要なのです。

骨格、例えば上顎骨や下顎骨などマクロの面から診断して治療計画を立てることが歯を削って治療する場合にも

必要なのです。



コメント: 0 (ディスカッションは終了しました。)
    まだコメントはありません。