歯周病は生活習慣病

生活習慣病と言えば、肥満や糖尿病を想像される方が多いのではないと思いますが、歯周病もその一つであると言えます。

毎日の歯磨きを怠けたり、喫煙などの生活環境が歯周病の進行に大きく影響します。

また、歯周病が肥満や糖尿病、心血管系疾患(高血圧症や心不全、心筋梗塞、冠動脈疾患など)を悪化させたり、

逆に、糖尿病や喫煙が歯周病を進行させるなど互いに相関関係があることが知られています。

歯周病が全身疾患を引き起こす要因となっているケースは、糖尿病、心血管系疾患、呼吸器疾患、早産、低体重児出産などがあげられます。

一方、全身疾患を改善することで歯周病の改善につながるケースとして「糖尿病の治療」や「禁煙」などで歯周病の改善につながります。

近年、特に歯周病と全身疾患の関連性がクローズアップされています。

歯周病が私達の全身の健康に関係し、歯周病治療がいかに重要であるかということはまぎれもない事実です。