歯科治療は審査・診断・治療計画が重要

歯科治療で最も重要で難しいのは、患者様のお口の中の状態を

審査・診断してどのように治すか治療計画を立てることなのです。

最終の仕上がりをイメージしてしてから治療を行わないと目標がないのです。

歯の一本一本の形・大きさ・長さ、歯並び、かみ合わせ、歯肉のラインなどの最終形をイメージするものが診断用ワックスアップです。(上記の写真)


この診断用ワックスアップ通りの最終形にするには、矯正治療が必要なのか?

歯を削らなければならないのか?噛み合わせを変える必要があるのか?など

いろいろな歯科の技術の引き出しを総動員して考えなければならないのです。

また、治療後もイメージ通りに治療ができたのか?もっといい方法がなかったのか?など

再度その行った治療計画について検討することも大事なのです。

歯科治療は、人(歯科医師)が行った歯の修復処置です。

なんでもそうですが、新品より修理したものの方が再度壊れる可能性が高いといえます。

歯の治療も修理したものと同じなので、再度壊れないようにチェックや調整、メンテナンスが必要不可欠なのです。