根管治療 VS 歯冠修復(被せ物)

根管治療(歯の根の治療)をした歯を、歯冠修復(被せ物をする)をする場合も多いかと思います。

 

根管治療も、歯冠修復も両方成功すればその歯の治療は成功するのは、皆様もおわかりだと思います。

 

では・・・

 

①根管治療が上手くでき、歯冠修復が悪い(削った歯と被せ物がっかりと合っていない)場合は、その歯の治療の成功率はどうでしょうか?

 

②根管治療が悪く、歯冠修復が良い場合、その歯の成功率はどうでしょうか?

 

そのような研究をした文献があります。

 

結果は、根管治療も歯冠修復処置も両方上手くできないと、その歯の治療は成功しませんよ。

 

というものでした。

 

私は、根管治療だけでなく歯冠修復処置(歯を削って被せ物をする処置)にもかなりの力を入れております。

 

最終の被せ物の形をイメージしていかに歯を削るか。

歯と被せ物もつなぎ目をいかにスムーズに仕上げるか。

つなぎ目と健康な歯肉の良好な関係をいかに保つか。

 

大切なことばかりです。

 

要は、根管治療も歯冠修復治療も両方上手く治療しなればならないのです。