歯科治療は、知識の習得と日々の鍛錬

この写真、何かお分りでしょうか?

この練習用のマネキンで歯を削る練習をします。

私は歯科医師になってから20年以上になりますが、

いまだに自分が形成した歯の模型を見て改善点がないかをチェツクします。

ミラーを見ながら細部を意識して歯を削るのはなかなか難しい作業になります。

また、削っている隣の歯を傷つけずけないようにしかいと、隣の歯が虫歯になったりもします。

自分が行う歯科治療の質が患者さんの歯の寿命に大きく影響するので、治療の質の向上のために練習を続けるのは非常に重要なファクターなのです。

それとともに、日々進歩する歯科医学の知識の習得も

非常に大切な事柄です。

知識の習得と技術の習得のための練習、この2つの事柄を両立することが出来て初めて、

質の高い歯科治療を行うことができると私は信じています。

患者さんに、質の良い歯科治療を提供出来るように、日々努力いたしております。