総義歯(そう入れ歯)は究極の審美歯科

セラミックを入れたり、歯を白くしたり、歯科矯正するだけが審美歯科でしょうか?

特に、笑ったときに見える範囲の口元(前歯から小臼歯ぐらいまで)の歯並びを治したり、歯を白くしたり、セラミックを入れたり

というケースは非常に多く、一般的に審美歯科と呼ばれています。

しかし、実はそのベースとなるのは総義歯(総入れ歯)なのです。

総入れ歯は、全く歯がないところに入れるわけですから、基準が必要なのです。

その基準は、上下くちびると歯の見え方の関係や顔とのバランスなど全ての要素が含まれています。

審美歯科のルーツは総義歯(総入れ歯)にあるのです。

私の中では総入れ歯が上手くつくることができないと審美歯科を語ることはできないのです。

ですので、私は総入れ歯も数多く作ります。

近年、インプラントや審美歯科、顕微鏡治療などがクローズアップされがちですが、総義歯(総入れ歯)、部分床義歯(部分入れ歯)、根管治療、歯周治療、虫歯治療などのベーシックな治療こそがもっとも大切だと私は思います。