保険治療でできる白い歯の被せ物

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2014年4月から先進医療の保険導入としてCAD/CAM冠という白い被せ物が保険治療でできるようになりました。

(歯科医院により取り扱っているところと扱っていないとろがあります。)

当院では取り扱っております。

 

CAD/CAM冠とは被せ物の形をコンピューターで設計し、一つのブロックの塊から被せ物を削りだします。

今までの被せ物は歯科技工士が手で作っていたのですが、機械が作ってしまうのです。

(コンピュ-タ―の入力は歯科技工士が行います)

 

被せ物の素材は、ハイブリッドレジンという強化樹脂です。

強化樹脂のブロックの使えるメーカーも保険治療では限定されています。

また、適応部位は、上下顎の小臼歯と限られています。

かみ合わせが安定している患者様は適応だと思います。