顕微鏡(マイクロスコープ)を用いた根管治療

今までは見えなかった根管の中が、顕微鏡を用いて拡大して治療することにより、細部までよく見えるようになりました。

これにより根管治療成功率が格段に上がりました。

 

実際には、下の症例写真のように見えています。

顕微鏡を用いると、今までの根管治療とは何が違うのか?

歯の根の中(根管)は非常に複雑な形態をしています。

根管内に細菌の侵入を一度許してしまうと、複雑に入り組んだ根管内

をお掃除するのは非常に大変です。

 

今までの根管治療は、歯科医師の経験と感を頼りに、手探りで根管内をキレイにお掃除することが主流でした。

 

しかし、マイクロスコープ(実体顕微鏡)を用いることにより根管内を直視して治療できるようになりました。

 

悪い部分を直接見ながら治療できるようになり、治療成績は格段に向上しています。