マイクロスコープ(顕微鏡)を用いた精密な歯科治療

必要以上に歯を削らない治療(ミニマルインターベンション)

患者様は、歯医者で歯科治療を受けるときには「できるだけ自分の歯は削ってもらいたくない」ですよね。

私も患者様立場であれば、「できるだけ歯を残してほしい」とオーダーを掛けると思います。

近年、必要最小限の治療介入(ミニマルインターベンション)という言葉が流行っています.

要は、「必要以上は歯を削らない」 という治療方法です。

それを可能にするのがマイクロスコープを使った顕微鏡治療なのです。

歯は削れば削るほど、弱くなります。

 それは、虫歯治療、歯の根の治療(根管治療) においても同じです。

 歯を削る必要最小限を判断し、処置するには、しっかりと見えなければ処置できません。

しかし、この時に一番大切なのは、虫歯菌などの細菌が感染した歯質をしっかりと取り除く、けれども健全な歯質は極力削らないということが一番重要なのです。この治療法により、一度治療した歯を長持ちさせることができます。

(もちろん、治療後のメンテナンスも同じくらい重要なファクターです。)

 顕微鏡(マイクロスコープ)は、肉眼の何十倍も拡大して処置を行いますので、それだけ精密な歯科治療が行えるのです。

守口市 はやし歯科医院では、マイクロスコープを用いた顕微鏡治療に力を入れております。

 

下の写真は、ラバーダム防湿下で、顕微鏡(マイクロスコープ)を用いた根管治療の実際の写真です。

裸眼では視えない細い神経の穴がここまで大きく視えます。

根管治療は、裸眼で視えない歯の根の中を手探りで治療するので難しいのです。

下の写真のようにここまではっきり視えると、根管治療の成功率が格段に上がるのもうなずけます。

8.5倍に拡大して根管治療を行っているところ

(右下第一小臼歯)

 

歯の根の入り口を8.5倍に拡大して確認しています

(右上第二大臼歯)