歯科用コーンビームCTによる正確な画像診断

歯科治療の精確な審査・診断を行うために、歯科用コーンビームCTを導入いたしました。

 

 当院では、画像解像度の高い(細部までよく見える)CT専用機を導入し正確な画像診断が行えます。

 

CT画像診断を活用した歯科治療のメリット

歯科用(コーンビーム)CTは、医科用の(ヘリカル)CTと比べての撮影被爆量は1/8~1/50 と極めて低水準です。

 

近年、インプラント治療の危険性についてマスコミが題材的に報道しておりますが、安全なインプラント治療を受けるためには、CTによる画像診断が必要不可欠と言っても過言ではありません。

 

また、外科的歯内療法(歯根端切除術)や骨再生療法や埋伏歯(骨の中に埋まっている歯)の抜歯など多くのケースの診断や治療計画をより確かなものにしてくれます。